framour - フランス観光・生活情報メディア

フランス観光・生活情報メディア「ふらむーる」

toutの4種類の使い方まとめ

約 4 分

 

フランス語の単語でなかなか使い方を覚えられない言葉にtoutがあります。形容詞だけではなく、様々な使い方があるtoutの使い方を覚えるのはちょっと大変。今回は、永久保存版ということで、4つのtoutの使い方を詳しくまとめておこうと思います。

 

1.形容詞のtout

まず一番よく耳にするのは間違いなく形容詞のtout。代表的な表現としては、toute la journée「一日中」tous les jours「毎日」などがあります。それでは詳しく見ていきましょう。

 

tout / toute + 名詞「(単数)~の全体」

tous / toutes + 名詞「(複数)すべての~」

 

何が違うんだろうとイマイチよくわからないかたのために、ケーキの例をご紹介します。

tout le gâteau

この表現だと、ケーキまるまる一個のこと。「ケーキの全体」を指します。

tous les gâteaux

こちらは、沢山あるケーキを指して、そこにある「全部のケーキを指します。

ケーキ単体の全体と言いたいのならtout le gâteauを、沢山あるケーキ全部と言いたいのならtous les gâteauxを使います。

 

Point
ポイントは、形容詞なので後ろの名詞によって、性数一致が起こること。

 

2.代名詞のtout

このtoutも形容詞の次によく耳にします。代名詞ということは、名詞の代わりに挿入するtoutになります。

 

tout / tous 「(単数)すべて、全部」

tous / toutes 「(複数)みんな、すべての人・もの」

Tout va bien.「全て順調だ」

Touscherchent le bonheure. 「みんな幸せを探している」

Point

ポイントは、tousを「トゥス」と発音すること。4つの使い方の中で、この代名詞のtousだけ発音が異なるので覚えておきましょう。

 

3.副詞のtout

副詞は動詞や形容詞を形容するために使われます。形容詞を形容する場合のtoutは、tresに意味がとても近いです。

 

tout (toute/toutes) + 形容詞

「(形容詞の前)まったく、非常に、とても」

Elle est toute belle.「彼女はとても美しい」

Il est revenu tout bronzé de ses vacances.「彼はバカンスからすっかり黒くなって帰ってきた」

 

Point
この場合、基本的にtoutのみが用いられます。

子音子・無音のhで始まる女性形容詞の前では、toute(s)になります。

 

4.名詞のtout

あんまり見かけたことはありませんが、名詞としてもtoutは用いられます。その場合、前に冠詞があれば名詞になるので、他よりも見分けが抜群にしやすいです。

 

le tout 「すべて、重要なこと」

Le tout, C’est de parler. 「重要なことは話すことだ」

 

Point
名詞なので活用等一切なし。

 

まとめ

使い方が多様で複雑なtoutという単語。結構頻繁に使うので、マスターしておきましょう!

 

About The Author

Framour代表・編集長SHIZUKU
Framour管理人。2014年~2015年に交換留学生としてパリのグランゼコルでビジネスを1年勉強。2016年にはニューカレドニア現地の高校で日本語の授業のアシスタントとして7ヵ月就労。現在は都内でOL生活。得意分野はwebマーケ・SEO分析・webデザイン・編集/ライティング。
Follow :

Leave A Reply

*