framour - フランス観光・生活情報メディア

フランス観光・生活情報メディア「ふらむーる」

【フランス語表現】Il y a pas le feu au lac

約 2 分

 

フランス語の慣用句は文章でも会話でも、たくさん使われます。学んでも学んでも出てきて、なかなか覚えるのも大変ですよね。そのフランス語の表現の背景が少しでも見えれば、意味づけもしやすいはず。

ということで、今回もフランス語の表現を取り上げてご紹介!

Il y a pas le feu au lac

直訳「湖に火はない」

意味「慌てるな、緊急でない、待つことができる」

au lacを省略しても使うことができます。火がないのであれば(火をけしに)急ぐ必要もないという意味から転じて、「慌てることはない」や「十分に時間がある」という意味で使用されるフランス語の表現です。

単語

Il y a:〜がある
(m)feu:火
(m)lac : 湖

使い方

Arrête de t’agiter comme ça, il n’y a pas le feu au lac !

「そんなふうに振る舞うのはやめて、慌てないで!」

 

About The Author

Framour代表・編集長SHIZUKU
Framour管理人。2014年~2015年に交換留学生としてパリのグランゼコルでビジネスを1年勉強。2016年にはニューカレドニア現地の高校で日本語の授業のアシスタントとして7ヵ月就労。現在は都内でOL生活。得意分野はwebマーケ・SEO分析・webデザイン・編集/ライティング。
Follow :

Leave A Reply

*