framour - フランス観光・生活情報メディア

フランス観光・生活情報メディア「ふらむーる」

【マルセイユ】フランス最大の港町の楽しみ方まるわかりガイド!

約 6 分

フランス第一の都市、パリ。次いで、リヨン。リヨンまで廻ったら外せないのが、石鹸やブイヤベースが有名なマルセイユ。マルセイユは街も大きくなく、市内交通もシンプルで本数が多いので実は観光しやすい街です。

しかも、パリから遠いイメージがありますが、パリ・リヨン駅からTGV(新幹線)でたったの3時間20分でマルセイユ・サン・シャルル(Marseille St-Charles)に到着です。

1.マルセイユで観光!

マルセイユに到着したら、観光の起点にしやすいヴューポール(Vieux Port・旧港)にまずは行ってみましょう。

●観光に便利なシティ・パス

観光に便利でお得なマルセイユ・シティ・パス(Marseille city pass)がヴューポール近くのインフォメーションセンターで購入できるそうです。(マルセイユ・サン・シャルル駅の観光案内所での購入については不明です。)
24時間、48時間と種類は二つ。市内交通などが無料になったり、割引があったり、とてもお得なパスなのでいっぱい観て廻りたい方にはマストアイテムです。

Marseille city pass(マルセイユ・シティ・パス)
観光案内所HP
シティ・パスのページ
日本語の詳細
案内時間:毎日9:00~18:00
シティ・パス料金:24時間 24€/48時間 31€
住所:11 La Canebière, 13211 Marseille

●ヴューポールの魚市場

早朝~午前中なら魚市場が立っています。
日本人にも馴染みのある新鮮な魚介類が並んでいるのを眺めてマルセイユの活気を肌で感じてみてください。

Quai Des Belges Market(魚市場)
営業:毎日8:30~13:30(当日の漁獲量と売れ行きで早仕舞する店もあり)
住所:Quai de la Fraternité (formerly Quai des Belges), 13001 Marseille

●ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂

マルセイユの丘の上に金色の聖母マリア様が輝く、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂(Basilique Notre-Dame de la Garde)があります。
頑張って歩くことも、普通のバスに乗って良くことも可能ですが、観光用のプチトランがおすすめです。プチトランは観光用の車なので、のんびり道中の景色を楽しみながら目的地に着けます。定期間隔でプチトランは往復しているので、出発時間はチェックしてゆっくり聖堂を楽しんでください。

petit train(観光用トラン)
公式HP
営業:12月~3月 10:00~12:00,14:00~16:00(シーズンによって運行時間等変わってきます。)
料金:tran コース1(聖堂行き) 大人8€/子供(3~11才)4€

Basilique Notre-Dame de la Garde(ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂)
公式HP
公開:4~9月 7:00~19:15/10~3月 7:00~18:15(ミサ等で変更の可能性あり)
住所:Rue Fort du Sanctuaire, 13281 Marseille

●サン・ジャン要塞

ヴュー・ポールから海を眺めて右手側に位置するサン・ジャン要塞(Fort St-Jean)まで歩いてみましょう。
要塞の隣にはオシャレすぎる外観のヨーロッパ地中海文明博物館(MuCEM)があります。博物館に入らなくても、要塞周囲を回るだけでも楽しめます。

MuCEM(ヨーロッパ地中海文明博物館)
公式HP
休館日:火曜日
開館:11月~4月 11:00~18:00(シーズン等によって変動)
観覧料:9.50€(家族料金等もあるので要確認)

2.マルセイユで飲む・食べる!

歩いたら、喉が渇いて、お腹が空くでしょう。
天気が良い日はテラス席でマルセイユの景色を楽しみながら休憩しましょう!

●ちょっと休憩

テラス席でマルセイユの海を眺めながらコーヒーやビールで一息いれましょう。カラフルなビールのパナシェ(Panache)やジュースのディアボロ(Diabolo)ならインスタ映えもバッチリ!

●レストラン街

このレストラン街はヴューポールからすぐのトゥタマンヌ通り(Rue Euthymenes)にあります。便利な場所にあって、地元の人も利用するレストラン街です。
ここのRestaurant Chez Mario(イタリアン)にディナーで行った事がありますが、お手頃価格でお腹いっぱいになりました。

3.マルセイユでお買い物

見たり、食べたりしたらお買い物もしたくなってきますね。
個人的にマルセイユでおすすめの買い物スポットを紹介します。

●お土産のお菓子

ヴューポール近くにあるラ・キュール・グルモン・マルセイユ(La Cure Gourmande Marseillehha)は、ばら撒き用のお土産におすすめです。お店の外観やお菓子の箱がレトロなデザインで可愛いです。
量り売りでオリーブの実の形をしたチョコレートが人気です。他にも、日持ちのする焼き菓子やキャンディなども!

La Cure Gourmande Marseillehha(お菓子屋)
公式HP
営業時間:月~木 9:30~20:00/金土 9:30~20:30/日 9:30~19:00
住所:19 la canebiere 13001 MARSEILLE

●ショッピングモール

最近できたマルセイユのオシャレなショッピングモール、レ・テラス・ド・ポール(Les Terrasses Du Port)です。
メトロJOLIETTE駅を降りてすぐです。また、ヴューポールからリピュブリック通り(Rue de la Republique)を歩いてもすぐ着きます。中には色々なお店やレストランがいっぱい!地元民や観光客で賑やかです。
また、この建物の反対側にはLes Docks Atrium10.2というモダンなお店が多く入った建物もあります。

Les Terrasses Du Port(ショッピングモール)
公式HP
営業:毎日 ショップ 10:00~20:00/レストラン 10:00~1:00
住所:9 Quai du Lazaret 13002 Marseille

●マルセイユっ子のお買い物通り

地元マルセイユっ子が良くお買い物に行く通りがRue St-Ferreolです。自分のお土産になりそうなお店がいっぱいです。

行き方
Vieux Portを始点にLa Canebiere通りをまっすぐ進みます。
Vieux Portを背にして右側4本目の道です。

観光しやすい街、マルセイユ

パリよりも街の規模は小さいですが今回、書き切れなかった観光地もあるので、ゆっくりしっかり廻ると見ごたえのある街です。
都会過ぎず、田舎過ぎないマルセイユ観光を楽しんでください!

About The Author

ライターhayasiko
気が付いたらフランス滞在歴3年目。最初の年はパリのゾーン5でお舅さんと同居。2年目は親戚の多いAgenという舎町で時々、バイトしつつ猫2匹と夫と生活しています。
Follow :

Leave A Reply

*